スポンサーリンク

更年期の生理不順

更年期に入ると女性は誰でも生理不順になります。 では、更年期とは何歳くらいから始まるのでしょうか。

最近では若年更年期障害という言葉もしばしば聞かれます。 これはまだ若い女性が過度のストレスや無理なダイエットなどにより、 体内の女性ホルモンのバランスを崩し、無排卵、無月経状態に陥り、生理不順を引き起こすものです。

平均的な年齢として、女性は50歳前後で閉経を迎えます。 閉経とは最後の生理から一年以上生理がない状態です。

そして更年期はその前後10年、つまり統計的には45~55歳くらいの間を、所謂更年期としますが、更年期に入り閉経までに生理不順が生じるのは、身体の仕組みとして自然なことと言えます。

更年期の生理不順は、体内の変化に伴い起こります。
女性ホルモンや卵巣機能の衰えが始まり、
それまで規則正しい周期で巡っていた生理周期が不規則となります。

大抵の場合、生理周期が徐々に短くなる、少しの出血で終ったり、
逆にだらだらと月経が続くなどの生理不順が見られます。
不正出血が見られるケースも多いです。

更年期の生理不順は身体の変化による自然なことではありますが、
不正出血、特に、閉経した後の不正出血は、子宮や卵巣の病気による可能性があるので、
更年期、閉経後には、定期的に診察を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク