スポンサーリンク

生理不順の原因

生理不順の原因として、まず考えられるのがホルモンバランスの乱れです。
ではどのような原因でホルモンのバランスが崩れ、生理不順を引き起こすのでしょうか。

生理は脳の中にある下垂体(眉間のあたりが脳下垂体のツボ)と呼ばれる部分から分泌される、 ホルモンによりその周期、状態がコントロールされています。

またその脳下垂体の横には自律神経の中枢があり、自律神経の乱れは下垂体に影響を与えます。 自律神経の不安定からホルモンバランスを崩し、様々な生理不順を起こす原因となります。

では、具体的に日々の暮らしの中で、どんなことが生理不順の原因となるのでしょうか。

現代人の食生活の中にも生理不順の大きな原因があります。
食生活が欧米化するにつれ、肉など動物脂肪を多く摂取する食生活に変化してきました。 また忙しさに外食をしたり、ランチをコンビニのお弁当で済ませる方も多いことと思います。

動物性脂肪、食品添加物の取り過ぎは、ホルモンバランスを崩す大きな要因となり、生理不順を起こす原因となります。できる範囲でよいので、野菜、肉、魚、豆類などバランスの取れた食事を心がけましょう。

その他の原因として、睡眠不足や運動不足が挙げられます。十分な睡眠や深い睡眠が取れないことにより、身体だけではなく、 脳内もしっかりとした休息を取ることができなくなります。慢性的な睡眠不足や満足な睡眠が得られない生活も生理不順の原因となります。深く心地よい睡眠のためにも、適度な運動を心がけたいものですね。

そして多くの女性が関心を持つ、ダイエット。これも生理不順の原因となっています。

衣食住のバランスを今一度、見直してみたいですね。

スポンサーリンク