スポンサーリンク

乳がんの原因

乳がんの原因は、まだ詳しい因果関係は、ハッキリしていませんが、ホルモンの分泌が関係しているといわれています。

そして、食生活の欧米化の影響もあります。近年、日本で乳がんが増えているのも、食生活の欧米化が一因になっているといわれています。

女性ホルモンと乳がん

女性ホルモンの一種の卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌が、乳がんの発生に関係があるといわれています。

ホルモンの影響を受けやすい人ほど、癌になりやすいとされています。ホルモンの影響を受けやすい人とは、閉経が遅い人、初潮が早い人、高齢出産、出産したことが無い、などです。

食事の欧米化と乳がん

肉や乳製品の多い欧米食は、高たんぱく、高脂肪、高塩分などホルモンの分泌を乱す食事スタイルです。これらの食生活も乳がんの危険因子とされています。また、肥満などのオーバーウエイトも同様に気をつけなければいけません。

スポンサーリンク