スポンサーリンク

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、麻酔によって、陣痛の痛みを取り除き出産する分娩方法です。無痛分娩が主流のアメリカに比べて日本では、まだまだ無痛分娩は一般的ではありません。しかし、最近では、以前に比べると、無痛分娩ができる医院や病院も増えてきて、無痛分娩を経験した人の話を聞く事も増えてきました。実際、管理人の友人も無痛分娩で出産しました。友人曰く「とてもリラックスして出産できて良かった。」と言っていました。痛みも無いし、お話しながら出産したそうです。出産後の記念撮影のために普通にメイクもしていたようです。

麻酔による無痛分娩

無痛分娩は、基本的に局部麻酔によって痛みを取り除きます。無痛分娩の麻酔は、手術のための全身麻酔とは異なります。無痛分娩が目的での全身麻酔は、鎮痛薬や麻薬性鎮痛薬の注射による痛みを紛らすために利用します。

硬膜外麻酔

現在、アメリカで主流の無痛分娩の方法は、局所麻酔の一種で、硬膜外麻酔と呼ばれるものです。これは下半身の知覚神経をブロックすることで、鎮痛効果を発揮します。腰椎の中にある硬膜外腔という部分に細いカテーテルを留置し、そして分娩が終了するまでそのカテーテルから局所麻酔を投与する方法です。

>>硬膜外麻酔についてもっと詳しく

脊椎麻酔

脊椎麻酔も局所麻酔の一種です。脊椎麻酔は、一般的に帝王切開や鉗子分娩などの場合に用いられます。脊椎麻酔は、くも膜下腔と呼ばれる硬膜外腔よりも脊髄に近い部分に細い針を直接刺し、そこへ局所麻酔薬を投与する方法です。 硬膜外麻酔よりも鎮痛効果が直ぐに得られます。

その他

硬膜外麻酔と脊椎麻酔の長所を組み合わせて併用する方法もあります。それ以外には、PCEA(自己調節硬膜外鎮痛法)という方法もあり、これは薬の投与によって、産婦さん自身で鎮痛のコントロールを行ないます。

スポンサーリンク