スポンサーリンク

無痛分娩と麻酔

現在、無痛分娩の方法の中でも最も有効で広く使用されている方法は硬膜外麻酔です。硬膜外麻酔は、細いカテーテルを腰椎の硬膜外腔に留置して、そこから局所麻酔薬や鎮痛薬などを投与します。子宮や子宮頸部から痛みの信号が脳に伝わるのを、途中でブロックさせることで、痛みを感じないようにする方法です。

硬膜外麻酔について

硬膜外麻酔は、陣痛を軽減もしくは完全に取り除く効果があります。硬膜外麻酔の薬を投与して、約10分程で効果が出てきます。その後、分娩が終わるまで薬剤を追加投与することで、出産する間、陣痛を取り除く効果を維持することができます。

硬膜外麻酔の効果

どの程度陣痛が取り除かれるかは、使用する薬の濃度と量によって異なります。基本的にほとんどの女性は、陣痛が無くなりますが、分娩をしている実感は味わえます。硬膜外麻酔が効いてくると産婦さんのお腹から足、 つま先までの感覚が鈍くなり、無くなります。子宮が収縮する際の締め付けるような感覚は感じるものの、痛みは感じなくなります。

娩出時にいきみやすい

分娩の最終段階で、赤ちゃんを娩出するために産婦さんがいきまなければいけません。この時、産婦さんの感覚が完全に麻痺していると、いきむタ イミングがつかみにくくなります。この時点で薬の量を減らすなどの対応をすることで、いきいやすいようにすることもあります。陣痛で痛みを感じながらいきむよりも、硬膜外麻酔によって、リラックスして自然にいきむことができるようになります。

スポンサーリンク